自分のライフスタイルに

自分のライフスタイルに合う場所がベスト

住まいを買うなら都心でしょうか、それとも郊外でしょうか。かつては、都心にそれなりの広さの住宅を買うのはむずかしいことでした。

しかし、最近の傾向では都心の地価が安くなり、大型の工場跡地などに大規模な中古マンションが建っています。一概に、都心の中古マンションが高くて買えないから郊外に住む、という時代ではなくなっているのです。

このように選ぶ余地があるとなれば、郊外より、やはり多くの人が住みたがる都心の中古マンションを選んだほうがいいのでしょうか。たしかに、都心は便利です。オフィスに商店、病院、レジャー施設などがすべて身近にあります。

若い人の一人暮らしには最適でしょう。それ以上に、高齢者の暮らしに向いています。

なぜなら、都心は電車や地下鉄、バスにタクシーなど、交通手段に恵まれているからです。高齢になると、自動車を運転するのがむずかしくなったりしますが、都心に住んでいる限り移動に苦労する心配はありません。

さらに、体に異変があればすぐに病院に行くことができますし、商屈が近いため、体力的にムリをしなくても買い物ができます。日常生活がとてもラクなのです。

一方で、郊外はどうでしょうか。郊外の最大の魅力は、都心に比べると緑が多く、静かで空気がキレイなことです。地域の人とのふれあいもあり、都心にはない安らぎが得られます。利便性では劣るかもしれませんが、近くに広めの公園や散歩道など、気軽にそして安全に楽しめる場所があるという点でも、子どもを持つ世帯や高齢者にとってうれしいことではないでしょうか。

このように少し考えただけでも、都心と郊外どちらにもいいところがあります。大切なのは、まず自分の価値観やライフスタイルをよく知ることです。そして、それに合った場所を探すというのが、正しい住まい選びの順序なのです。都心回帰の傾向は相変わらずですが、それに流されて安易な判断をしないでください。きちんと自分の頭で考える努力を怠つてはいけません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です