仲介手数料の有無は侮れない

物件の情報収集をする際、あまり 見ら れていないが意外と大事なのが取引態様の種類。取引態様とは、大まかにい うとその物件かどのような契約体系で 売りに 出されているかということ。取引 態様には主に [売主][売主代理][媒介 ( 仲介)]の3種類あるが、これによって、 貫主が仲介手数料を支払う必要がある かないかが決まってくる。不動産の仲介手数料は 3%+ 6万円と上限が決まっている。たとえば 5千万の物件の3%となると 、150 万円。 これがあるかないかは大きいので、よく チェ ックしておきたい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です