価格

査定書をたたき台に、不動産屋と相談をしながらあなたの中古マンションを売りに出す価格を決めていきます。

①売ることができる価格

ここまで下げれば、すぐ買い手がつくであろう価格を指します。また、最低限これ以上でなければ売る意味がない、価格の下限値です。例えば、住宅ローンの残高が2000万円で、その他仲介手数料などの諸費用が初万円とすれば、合計2080万円以上で売らなければ費用の持ち出しになります。負担できる自己資金の限度が印万円とすれば、「2080万円」で、2030万円が売ることができる価格の最低ラインとなります。

②売れる価格

不動産屋の査定額を指します。売りに出し、実際に買主と成約できるであろう価格のことです。

③売りたい価格

売主として希望する売却価格のことです。価格の根拠は、ひとまず置いておきます。この3つについて不動産屋と相談しましょう。たいていの場合、この3つの価格は「売ることができる価格」が一番低く、「売れる価格」が中間、「売りたい価格」が一番高くなります。

例えば、住宅ローンの残高や仲介手数料などの諸費用を計算してみると、最低2200万円で売る必要がある場合で、不動産屋の査定額は2400万円。売主自身が、これくらいで売れてほしいと思っている金額が2600万円とします。すると、3つの価格は以下のようになります。

  • 売ることができる価格2200万円
  • 売れる価格2400万円
  • 売りたい価格2600万円

このように3つの価格を設定します。なぜ、このように3つの価格を考えなければいけないのでしょうか。それは、マンションを売却していく「戦略」を考えるためにきわめて重要だからです。